2016.09.13 Tuesday

労働時間革命 小室淑恵

ビジュアルも素敵な小室淑恵さんの本。

私自身も長時間労働はデメリットの方が多いと思うので、ほぼ100%この人の意見には賛成である。

実は私も長時間労働を求められる会社で働いたことがあったのだが

「長く会社にいることが、頑張って働くということ」

「長く会社にいることが前提なので、度々のタバコ休憩など無駄が多い」

「経営陣、上司より先に帰りづらい雰囲気」

といった馬鹿らしい会社だったので、やってられなくて辞めてしまった。


ちなみに私は、まずは無駄をなくすことが長時間労働を改善する第一歩だと思っている。

「えっと」「あの〜」「その〜」といった言葉を、私は使わないのだが、仕事が遅い方に限ってこれらが多い気がする。

相手が電話をかけてきて、第一声が「えっと」だと、要件があるからかけてきたのにそれはないだろうと、話す気がうせてしまう(笑)

「えっと」10回の間に、私は1〜2通メールをチェック&返信できると思う。


また私は早く帰りたいので、帰り間際にあれこれ問い合わせをしてくる人たちに、14〜15時頃に牽制球を投げる。

「この件で問題点はないよね?」って言って。

こういうことをやれれば、普通の仕事量であれば絶対に仕事は終わる。







この小室さんの指摘はもっともなことが多いのだが、ちょっとだけ問題点があった。

「残業で対応すると、残業代が高くつく」とのことだが、そもそも長時間労働をさせる企業は、合法的にも(裁量労働制などを使って)非合法的にも(「うるさい!そんなもん知るか!」とか言って)残業代は払わない企業が多い。


それに「根性・気合」で長年生きてきた頭の悪い経営者は、小室さんの意見が正論で論理的であっても聞く耳を持たない。

そういう企業で働いている人をどう救うかが重要だと思う。

だって電通ですら、あんな感じで労務管理まったくできてなかったんだから…

2016.09.12 Monday

最強の働き方 ムーギー・キム

「このムーギー・キムさんって誰?」と思いながらも、タイトルが気に入って購入。

サブタイトルの「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓」というのも、上から目線な感じがしなく面白そうに思えた。

序盤は働く際の基本的な姿勢といった感じで、本が先に進むにつれてマネージャーレベル、経営者レベルとなっていく。

また各テーマが3ページほどにまとめられているので読みやすい。

その中で自分が重視していることが取り上げられていたりして嬉しい。

例えば「メールへの即リプライ」など、基本中の基本と書かれている。

私自身は、席にいれば10分以内に返信するし、外出していても社内にいるメンバーに転送し仕事を振っている。

ところが取引先で数日経過しても連絡すら来ず、3日後にあまり内容がないにもかかわらず無駄に長いメールが来ることが多々ある。

そして、そういう人はやはり仕事ができない(笑)





後半にいくと、経営者やMBAホルダー以外には関係なさそうな内容が増えてくるので、私のような中間管理職にはまだ無縁の内容も多い。

ただタクシー運転手さんへの対応など、納得させられる点も多く、個人的には薦めたい本であった。

2016.09.03 Saturday

参謀人事本部長 大村尚弘

人事本部長五十嵐健が、大手外資系製造業企業の組織改革に挑む!

人事のノウハウがテーマごとに書いてあるのかと思って購入したのだが、まさかの経済がテーマの小説であった。

小説形式で、「人員削減」「リーダー育成」「職場環境づくり」といった人事の良くある課題について、どう対処すべきかが書かれている。

ただノウハウを羅列している本と異なり、自分が人事部長になって立ち向かっている感じがして、引き込まれる本であった。

経営側に近いポジションでの業務がテーマなので、人事の管理職や、人事で管理職を目指すような方が読むと面白いと思う。





なお、この本の著者の大村氏はダノンの方らしい。

そう言えば、以前にダノンからスカウトメールをもらったことがあったっけ。
(マーケティング職だったと思う)

それを受けていれば、この著者と一緒に仕事することになっていたのかもしれない。

2016.02.20 Saturday

世界最強人事 南和気

ちょっと気になって注文してみたこの本。
結構売れているようで、オーダー後の取り寄せにやや時間がかかった。

「企業の中には、グローバル化から取り残されてしまった部門があります。それが人事部門です。」
という文から始まり、日本企業の問題点を指摘している。

グローバル人事がテーマなので、世界に進出している日本企業や、世界進出を計画している企業には参考になる。

人事部門の方はもちろんのこと、経営陣に近いポジション(経営企画など)にいる方には読んでほしい本である。

逆にドメスティックなビジネスしか行わない企業であれば、役に立つ部分はあまりないかもしれない。



また企業によって文化が多種多様で、企業文化の作り方という点でも参考になった。

2016.02.12 Friday

さらばアホノミクス 浜矩子

同志社大学ビジネススクール教授である浜矩子氏の本。

株価が下がり安倍政権の経済政策のメッキがはがれてきた今の時期に読むには面白いと思える本。

日本の為替政策の問題点を指摘しており、その点は私も同意できる。
(ただ1=50円の時代が来るかと言われたら疑問ではあるが…)

なおこの本は毎日新聞の連載を書籍化したものなので、ページをめくるとテーマが大きく変わることもしばしば。

1つのテーマで深く掘り下げた論文を読みたい方には向かないが、電車で移動中などに読みたい方にはお勧め。



ちなみに本のタイトルからするとアベノミクスの話かと思いきや、世界経済に関する記述も多い。

2015.01.02 Friday

日テレHDがティップネスの株式取得完了

昨年のニュースになってしまうのだが、平成26年12月25日に日本テレビホールディングス株式会社が、株式会社ティップネスの全株式を取得したとのこと。

この結果、ティップネスは日本テレビホールディングスの完全子会社となった。

ちなみに暫定の買収価格は、23,872百万円とのこと。
約240億円とはすごすぎる。

2015年の年末はぜひ「笑ってはいけないスポーツジム」で。

でも未だにテレビ局がスポーツジムをグループに入れるメリットが全く分からない…

2014.11.25 Tuesday

ティップネス、日本テレビHDグループへ

首都圏・関西・東海地区を中心に61店舗のフィットネスクラブを展開する株式会社ティップネスは、親会社であるサントリーホールディングス株式会社及び丸紅株式会社から日本テレビホールディングス株式会社に、発行済み株式の全部が譲渡されることになり、年内を目処に日本テレビの100%子会社になるとのこと。

ティップネスのイメージカラーはオレンジだし、そう言えば讀賣ジャイアンツのイメージからもオレンジだよなと思ってしまう。

間違っても店舗内で「闘魂こめて」とか流さないでね。
あとイメージキャラクターが讀賣の選手とかになったら嫌だな…

ところでテレビ局がフィットネスクラブをグループに加えて、どのような相乗効果があるのだろうか?

スポーツドリンク等にもある程度力を入れているサントリーが親会社だと、相乗効果も分からないでもないのだが…

阪神ファンとしては、やや複雑な心境です。

2014.07.31 Thursday

ティップネス売却!?

ロイターによると、サントリーホールディングスが、グループの運営するフィットネスクラブ「ティップネス」を売却するため、入札を開始することが明らかになったとのこと。

ティップネス会員としては、今のティップネスが気に入っているため、今後どうなるのか気になるところである。
(色々な店舗が使えるちょっと高い会費で契約している身としては、会費が少し安くなればありがたいのだが)

なお売却の理由としては、サントリーホールディングスは米ビームの買収に多額の資金を投入したため、非中核(ノンコア)事業を選別し、資本をコア事業に投下するのが狙いとのこと。

売却の理由としては分からないでもないのだが、約30年も運営してきたのだし、スポーツドリンク等の市場を考えると親会社との連携を強化し相乗効果を狙った方が良さそうな気がしないでもないのだが…
早急にキャッシュが必要な事情(新たなM&Aを仕掛けるとか)でもあるのだろうか?

買収する候補として「NTTドコモ」や「日本テレビホールディングス」が上がっているらしい。

もし日本テレビの傘下になって、モニターで巨人戦ばかり流されたら辞めるしかないな。
(そういえばティップネスの企業カラーは、ジャイアンツと同じオレンジ…)

ちなみに私のお気に入りの店舗はティップクロスTOKYO渋谷

2014.07.19 Saturday

上司になってはいけない人たち 本田有明

タイトルにつられて、なんとなく購入した本だったのだが、想像以上に良い本であった。
また考え方が私に近かったことも多く、共感できることが数多くあった。

この本の中で、上司の危険度をレベル別で分類しているところがあった。

(1)部下を育てる意欲も能力もない=≪危険レベル1≫
(2)会社や部下の文句ばかりをいう=≪危険レベル2≫
(3)その場そのときの気分でいうことが違う=≪危険レベル2≫
(4)部下の意見や提言を無視する=≪危険レベル3≫
(5)自分の好みで部下を選別・排除する=≪危険レベル4≫
(6)ハラスメントによる事件を起こす=≪危険レベル5≫

上記の6つと、「部下を不正に巻き込もうとする=≪危険レベル∞≫」という7つで構成されていた。

最後の7つ目は論外として、上記6つの中の5つに該当する上司に私は当たってしまったことがある。
(しかも執行役員で、その業務に関して全責任を負う立場であった)

(1)部下を育てる意欲も能力もない=≪危険レベル1≫
⇒新卒社員が初の営業に出かけるときのアドバイスが「昼飯食って行けよ」だった(笑)
新卒社員が唖然とした表情をしていたのが、今でも忘れられない。
恐ろしく能力の低い人だった…

(3)その場そのときの気分でいうことが違う=≪危険レベル2≫
⇒基本的に信念というものを持っていない人だったので、朝会で主張していたことと真逆のことを夕方には発言している。

(4)部下の意見や提言を無視する=≪危険レベル3≫
⇒あまり賢い方じゃなかったので、与えられた売上目標だけに目が行き、全体(営業利益は元より、会社全体の損益など)には全く目がいかない。
例えば50万円の売上にしかならないが骨の折れる仕事でスタッフを疲弊させ、後の1,000万円の売上の案件に支障をきたしてしまう。
それじゃおかしいと進言しても、理解できていなかった…
真弓・前監督の采配に近いものを感じてしまった…

(5)自分の好みで部下を選別・排除する=≪危険レベル4≫
⇒ありがちなことだがYESマンだけで側近を固めてしまう。
しかも理論派ではなく「気合で何とかしましょうよ」といった人種ばかりで固めてしまう。
まあ理論派を懐に入れても、言っている意味が分からないのだろうが。

(6)ハラスメントによる事件を起こす=≪危険レベル5≫
⇒その会社は徹夜で残業とか当たり前の会社だったのだが、そういうことに不満を言うと「マインドの問題だ」などと訳のわからない精神論を持ち出してくる。

よくこんな人が執行役員でいることができるなぁと不思議に思ったものである。




ちなみに上記のような執行役員がいるにもかかわらず、上場企業でプロ野球チームを保有しているような企業であった。

この会社を去ってから経営層に近いポジションで仕事をすることが多いのだが、この人は悪い意味でレベルが違っていた…

このブログをお読みの皆さんが、こんな上司に当たらないことを祈りたい。

森さん元気ですか?

2014.01.21 Tuesday

SMBC日興証券のアホ!!

昨日のブログで、SMBC日興証券の大手町支店から平日の日中に営業電話があり、大変な迷惑を被った旨を伝えたと思う。
2014/1/20の記事

昨晩のうちに取り急ぎ「日興コンタクトセンター」のサイトのほうから、対応の悪さを報告させて頂いた。

そしたら本日驚くことがあった。

日中に謝罪電話をかけてきやがった!!!(怒)

「日中の電話連絡が迷惑だ」とクレームを入れたのに、電話で謝罪しようという神経が分からない。
本当に頭悪過ぎると思うのは私だけだろうか?

ちなみに電話がかかってきた時間は13:00ジャスト。

普通に考えれば、多くの会社で午後の仕事が始まる時間である。
当たり前だが、いちばん電話をかけてはいけない時間だろうに。

この担当者、のんびり昼休みをとって午後の勤務開始と同時に電話してきたのかと考えたら、怒りが収まらない。


なお夕方に徒歩移動の時間があったので、「日興コンタクトセンター」に電話連絡をしてその旨を伝えたら、オペレーターの方も呆れていた(笑)

SMBC日興証券では口座を作らない方がいい。

2014.01.20 Monday

迷惑な営業電話

本日の17時頃に、私の個人用携帯電話に連絡があった。
(※ちなみに相手の番号は03-3212-6624)

今日は月曜日で当然仕事中である。
「緊急の連絡か?」とも思ったのだが、仕事が忙しかったので、保留し後ほど折り返すことに。

折り返すと「SMBC日興証券です」とのこと。

ただの営業電話かい!!!(怒)

平日の昼間、普通に考えれば社会人が仕事をしている時間帯に、携帯まで追いかけて営業電話をかけてくる精神が分からない。

担当者を厳しく叱責したのは言うまでもない。



私は性格的に、相手の非礼には徹底的に立ち向かうほうである。

本社への連絡はもちろん、金融庁への連絡もさせて頂いた。
某ドラマによると、金融機関はやはり金融庁は怖いらしいので(笑)

それに加え、こうやってwebで情報公開させて頂いている。

少しは営業方針を改めてくれればいいのだが…



NISA(ニーサ)少額投資非課税制度の件で顧客確保に躍起になっているのは分かるのだが、これでは逆に顧客に逃げられてしまう。

ちなみに私は、SMBC日興証券大手町支店の口座は解約することにしました。

2013.01.31 Thursday

さよなら!僕らのソニー 立石泰則

著者が若い頃ソニー商品に憧れた時代から、出井伸之、ハワード・ストリンガー、そして平井一夫が社長を務める現在までのソニーについて書かれている。
(出版時期の関係で、平井氏に関しては社長就任前の話が中心である)

昔を美化し過ぎの感はあるが、SONYのブランド力の高さを物語る数多くのエピソードが書かれており興味深い。
若手社員だった時に、「取材に使うのはSONY商品にしろ」と言われ、「それで録れてなかったら諦めもつくから」という話は特に印象に残った。

そのようにブランド力のあったSONYが、技術と独創性を失っていく過程については、技術者ではない私が読んでいても興味深かった。





ソニー信者、経営者、技術者と、色々な方が読んでも面白い作品だと思う。

ちなみに出井伸之、ハワード・ストリンガーに関しては、かなり厳しいことが書いてあるのだが、そのような厳しいことを書くわりには何度も取材に行っている。
この両社長の器量の大きさか、それとも著者の人柄か分からないが、普通はこれだけ厳しいこと書いたら出入り禁止でもおかしくないように思う。

2012.01.02 Monday

TPP亡国論 中野剛志

TPP反対派の代表格でもある中野剛志氏の本。
経済産業省の官僚で大学出向中の方なのだが、この方の文章はまどろっこしいお役所言葉ではないので、とても読みやすい。

TPP賛成派の様々な主張に対して、それぞれに理由付けをして反論しているので分かりやすい。
(ページ数の都合か一部説明が雑なところもあったが…)

基本的には、「日本はデフレを脱却するのが何よりも大事」⇒「TPPのような自由貿易は逆効果」といったスタンスで書かれている。

デフレこそが日本経済の最大の問題点であり、TPPにより安価な商品が日本市場に入ってくれば、デフレはますます泥沼にはまってしまうという主張である。
そこで「デフレ脱却をするためには何をすればよいか」という著者の主張、TPPに関しての日本側、アメリカ側の背景といったものが書かれている。



経済問題の本としては読みやすい本なので、多くの方に読んでほしい。
本の中盤で何故かアントニオ猪木が出てきた(笑)

また最後に福沢諭吉の考え方が出てきたところは嬉しかった。

2011.06.22 Wednesday

広報の基本

産業編集センターという出版社の「企業広報ブック」シリーズ。
広報・PRの良書は少し昔の本が多いのだが、これは2011年に出たシリーズである。
そのため具体例が最新のものであり読者がピンと来やすい。





広報という職種やPR会社を目指して就活をしている学生から、社内人事ではじめて広報に携わるようになった方といった初心者はもちろんのこと、ある程度の経験がある方にも楽しめるかと思う。
各巻がそれぞれ独立しているので、自分の興味のあるテーマから先に読めばよい。

ちなみに全6巻の詳細はこちら。
社会との良好な関係を築く広報の基本

組織と人を活性化するインナ-・コミュニケ-ションと社内報

企業メッセ-ジを社会に届けるメディア・リレ-ションズ

投資家の理解と共感を獲得するIR

企業ブランディングを実現するCSR(企業の社会的責任)

会社を守るクライシス・コミュニケ-ション


2011.06.05 Sunday

新版 戦略PR〜空気をつくる。世論で売る。〜

ブルーカレント・ジャパンの本田哲也氏がPRについて分かりやすく解説。
モノ・サービスが売れるための新たな仕組みについて語られている本。

マーケティングやPR、営業といった部門で働いている方は必見!
もちろん研究職等の方が読まれても楽しめると思う。

消費者が買いたいと思う空気をいかにして作るか。
それをテーマに分かりやすい例え等を交えて分かりやすく語られている。



具体例として、サントリー「ハイボール」、アディダス「迷走ランナー」、フェディリティ投信「老後難民」といったものが挙げられており、思わず「そうだったのか!」と言葉が出ること間違いなし!

個人的には“広告”と“PR(Public Relations)”との違い、日本のPRの現状について語られているところも分かりやすかった。

2009.10.09 Friday

ヨウジヤマモト【Yohji Yamamoto】民事再生法を申請

不況の影響がこんなところにまで…
負債総額は約60億円にのぼるとのこと。

2009.06.28 Sunday

三木谷浩史著「成功の法則92ケ条」


成功のコンセプトに次ぐ三木谷浩史氏の本。

まだ途中までしか読んでないのだが、三木谷氏が日々よく口にする内容をまとめた感が強い。
ビジネスマンなら目を通しておきたい一冊である。

あまり成熟していない企業しか経験したことがない方にはちょっと難しいかも!?


2008.02.06 Wednesday

カンブリア宮殿 村上龍×経済人

坂田の嫁が作家村上龍とやっているテレビ東京系の人気番組「カンブリア宮殿」の書籍版。
言うまでもないが、坂田の嫁とは小池栄子のことである。




前々から見ている番組であったのだが、書籍になっているのは知らずこの度購入。
うちの会社のトップも出た番組なので、部署によっては強制的に読まされているとか…(笑)

強制されなくても読んで本当に面白いと思えるし、心構え等々で参考になる事が多々ある。

2006.06.04 Sunday

「絶対、天罰が下る。間違いない。断言したる!」

この言葉の主は、星野仙一シニアディレクターである。
5月15日阪神電鉄本社への定例報告の後に記者たちに語った言葉である。

その天罰がついに下ろうとしている。
村上ファンド率いる村上世彰氏にインサイダー取引の疑惑が浮上し、地検が動き出したからである。



☆そもそもインサイダー取引とは何なのか?
証券取引法によると、内部者しか知りえない情報を利用して行う株式売買を行うことである。
このルールに違反すると3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科せられる事となっている。

内部者とは、上場企業の役員や幹部、従業員などの内部者(顧問弁護士、会計士等の企業内に深く入り込める人間も含まれる)、そして大株主といった内部の重要な情報を知ることができる立場のものを指す。
ちなみに重要な情報とは下記のようなものである。
・株式、新株予約権の発行
・資本の減少
・株式分割
・株式交換
・合併、会社の分割
・新製品開発
・業務提携

ライブドアのニッポン放送株取得における場合、村上氏は内部者ではなかったのだが、インサイダー取引には内部者から情報を得て株式を売買した場合も含まれるのである。
なお村上氏に情報を流したとされる男こそ堀江貴文である。



だが内部者本人によるインサイダー取引の場合は、その被疑者の株のやり取りの履歴を追えば簡単に立証できる。
しかし内部者から情報を得た第三者の立件は、その情報の流れを証明しなくてはならず立件は難しい。

誰も法に触れる極秘のやり取りをメール等の証拠が残る方法でやるはずがないからである。
(こういうやり取りにメールを使うと思ってるのは民主党の元議員・永田寿康氏くらいである。)

そうは言っても地検頑張ってほしいなと思う今日この頃である。
というか地を這ってでも証拠を抑えろ!!

2006.05.31 Wednesday

TOBとは?(阪神株問題に関連して)

こういう話はしたくないのだが、最近阪神電鉄と阪急ホールディングスの件でよく耳にする言葉である。

しかし投資等に興味がある人以外は馴染みがない言葉である。
そう言えば、私は商学部卒だったりするので、一応この言葉の意味を知っているので分かりやすくまとめてみた。

TOB(take over bid「日本語では株式公開買い付け」)とは、不特定多数の株主に呼びかけ、株式の買い付けを証券市場外で行うこと。
「買い付け期間」「買い取り株数」「価格」といったを条件を公表する必要がある。
またこの条件の新聞への公告や、財務局への届出といった手続きが必要となってくる。

ちなみに阪急ホールディングスが発表した阪神電鉄のTOB条件は
・1株930円
・期間は2006年6月19日まで
・総発行株式の45%以上の取得(これ以下の場合は不成立となる)

当然このTOBにあたり焦点となるのが、村上ファンドがこの誘いに乗ってくるかどうかである。

個人的には「阪急阪神ホールディングス」って言われても違和感が強いのだが、村上世彰に大量な株を外資等に売り捌かれるよりはまだマシだ。
例えばゴールドマンサックスなんかに売り飛ばされれば、阪神タイガースのユニフォーム等の黄色が金色になってしまう…

外資が入ればメジャーからクレメンスやボンズみたいなのが獲得できるかも!?とかそんな考えも、岡田監督風に言えば「そらおまえ、アカンやろ」

2005.09.28 Wednesday

村上ファンド!何がやりたいんだこらっ!!

阪神電鉄の株26.67%が村上ファンドの手に渡ってしまった…びっくり

村上ファンド代表の村上世彰氏は元通産官僚で「モノを言う株主」として知られている。

現状ではこの株取得の目的は定かではない。
ただの上昇が期待できる株への投資か、はたまたいわゆる乗っ取りか!?
一筋縄ではいかない相手なので、ただの投資ではないと思うのだが…

もし阪神のさらなる発展を目的としての株取得なら…
「甲子園の通路と座席(特に外野)をもう少し広くしてください(笑)」

私にもうちょっと金があれば株買い戻したのに(笑)

Pagetop


Recommend






Calendar

<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

Search
このブログ内の記事を検索

Archives