2007.12.31 Monday

大みそかハッスル祭り2007@さいたまスーパーアリーナvol.3

高田総統の新たな化身、その名も“高田将軍”(笑)
正直ちょっと分かりにくい…。

エスペランサー初登場の時のように、何やら見えない力でハッスル軍の面々を吹き飛ばす。
“妖精さん”から授かったLOVE&HUSTLEが粉々になってしまう。

途方にくれるハッスル軍、そこへ威風堂々が流れ現れたのは、な、なんと
有田総統

ちなみに本人曰く“くりぃむしちゅー”の有田哲平とは別人という設定(笑)

そして「出てこいや!!」と高田総統を挑発!
高田総統も現れ、高田総統VS有田総統のマイクでの闘いが始まる。

高田総統がマイクでのアピールで圧されるという珍しい展開に。
このやり取りはTV等で実際に見て欲しい!!


暇でモテない下々の諸君、クリックしてこのBlogをランキングアップさせてくれたまえ!)

2007.12.31 Monday

大みそかハッスル祭り2007@さいたまスーパーアリーナvol.2

セミファイナルは
インリン様&グレート・ムタ&モンスター・ボノ vs 天龍源一郎&TAJIRI&RG

この試合は、グレート・ムタとインリン様の子供がモンスター・ボノという設定なので、親子共演ということになる。
いつの日か、ここにカブキさんが入り、3世代タッグが見たい。

それはさて置き、試合はと言うと肝心のグレート・ムタが現れず…
善戦するものの、“ミスタープロレス”天龍源一郎と“WWEスーパースター”TAJIRI、ちょこまかと動くRGの3人を相手にするのはキツい…
インリン様とボノちゃんがピンチになったその瞬間、場内が暗転し
グレート・ムタ見参!!

ムタの毒霧でTAJIRIの動きを止め、とどめはインリン様のハイキック!!

試合が終わりリングから去る“パパ”ムタに対し、別れを悲しむ“赤ちゃん”ボノちゃん(泣)
感動するドラマであった(笑)

しかしボノちゃんは細かい動きが実にプロレス向き。
今日の出場を認めてくれた谷川さんに感謝!

メインは
“小池のダンナ”こと坂田亘とHGというエース2人が、ジャイアント・シルバ&スコット・ノートンとタッグで対決。

ジャイアント・シルバって毎年大晦日は日本にいるよな、と思いながらも試合開始。
ノートン&シルバという大きな選手に、日本人2トップが立ち向かうという分かりやすい図式。
テレビで見る方々への配慮が伺える。

両者のパワーに苦戦はするが、最後はHGのダイビング・ギロチン、坂田のフットスタンプでシルバを倒す。

勝利の余韻に浸っているその時に、現れたのは…


暇でモテない下々の諸君、クリックしてこのBlogをランキングアップさせてくれたまえ!)

2007.12.31 Monday

大みそかハッスル祭り2007@さいたまスーパーアリーナvol.1

まさかハッスルがここまでになるとは思っていなかった。
本日大晦日のさいたまスーパーアリーナで、今年のハッスルの総決算となる興行が行われた。

その模様は本日21:30よりテレビ東京系列で放送される。
通常の放送が深夜(というか早朝)なのにもかかわらず、大晦日という特別な日にゴールデンタイムで放送なのである。

試合結果には、敢えてあまり触れないが、一部ネタバレになるので、結果知りたくない方は、ここから下は見ないでください。


アントキの猪木の前説で、お客の空気を作ってハッスルスタート。
遠くから見てたら、本物の猪木に見えてしまうくらいよく似てる。

前半の注目の試合は
“モンスターK”川田利明 vs ジャイアント白田&KUSHIDA&\(^o^)/チエ

自分は大食い番組を見ないので、ジャイアント白田という人をこの前のハッスルマニアまで知らなかった。
その人がどんな試合をするのかと思ったが、正直ただデカいだけ。

動きは鈍く、頑張る気はあるのだがそれだけに思え、技にもキレがない。
ドタドタと動いているだけに見えた。

結局、川田は3人相手だったがまったく相手を寄せ付けず格の違いを見せ圧勝。
KUSHIDAとチエにはもう少し見せ場をあげてもよかったかと思う。


また、キンターマン&クロダーマン vs Erica&崔領二ではちょっとしたサプライズがあった。
この試合は「ダイナマイト・ハードコア・ハッスルウエポンマッチ」という形式で行われ、試合中にウエポン(武器)が現われ、それを武器として使えるという試合である。
武器として、な、なんと“ほしのあき”が登場。
正直近くで見たかった(笑)

結局ほしのあきは何もしなかったのだが、その後出てきた武器というのが、
な、なんとミルコ・クロコップ!!
キンターマン&クロダーマンをあっという間に秒殺してしまった。

ただこのパターン、前回マーク・ハントが同じネタやってるんだよね…


暇でモテない下々の諸君、クリックしてこのBlogをランキングアップさせてくれたまえ!)

2007.12.24 Monday

ミルコ・クロコップ大晦日参戦!!えっ?ハッスル!?

大晦日にミルコ・クロコップの参戦が内定した。
“やれんのか!”それとも“Dynamite!!”?

いやこのどちらでもなく
参戦するのは“大晦日ハッスル祭り2007”

出る大会間違ってない?(笑)

マーク・ハントとでも闘って欲しいが、ハッスルウエポンマッチにでも出るんだろう。

オープニングで川田と、エンディングで高田総統と絡めば面白いのだが。

2007.12.21 Friday

代官山ダイニング「わたる」はやっぱり美味い♪

会社の同期4人で忘年会を行おうと言うことになったのだが、私が店を選ぶのに普通のお店じゃつまらない。
ということで、雰囲気もよく味もいい「わたる」に行くこととなった。

プロレス、格闘技を知っている人からはやたらと「連れてってくれ!」とせがまれるのだが、今回の“連れ”は普通の面々。
月に何度も後楽園ホールに行くような人種ではない。

ということで、お店のバックグラウンドを知らない友人たちだったのでどうかなぁと最初は思ってたが、最初に記載したように雰囲気と味の両方に満足してくれた。
今度はまた別の友人を連れて行ってみよう♪

とは言え、“隠れ家”的に使いたいので特に親しい友人以外は誘う気が起きない。
変な人間誘って、せっかくのお店のいい雰囲気を壊すのも気がひけるので。

またこのお店での最後の締めは、和風杏仁豆腐に限る!
和風杏仁豆腐を胃袋に放り込んで(高田延彦のBlog風に)、満足して家路につこう!

和風杏仁豆腐


★ わ た る ★
渋谷区猿楽町1−3
TEL 03-5428-5533

2007.12.16 Sunday

島野さん、ありがとうございました!

島野育夫阪神特命コーチが昨晩胃がんで亡くなった。
星野監督との二人三脚で、強い阪神の土台を作ったことは忘れません。

本当なら来年からはフロントに入って、新人選手の獲得等でお力を発揮していただきたかったのですが…

阪神を強いチームにしてくださりありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

2007.12.16 Sunday

PRIDE等で活躍したハイアン・グレイシー死す…

グレイシー一族のヤンチャ坊主であるハイアングレイシーが亡くなった。
死因は不明なのだが、強盗事件で逮捕され、身柄を抑えられている拘置所内で亡くなったとのこと。

とても格闘家の最期とは思えないが、ご冥福をお祈りいたします。

衝撃の試合 PRIDE.10
石澤常光(ケンドーカシン)VSハイアン・グレイシー

2007.12.09 Sunday

小橋建太40歳がんからの帰還

明日発売の朝日新聞系の雑誌AERAに、上記のような見出しで小橋の記事が載るようである。
“武道館を超満員にしたプロレスラー”というサブタイトルもつき、一般誌が小橋復活をどのように書いているのか必見である。

また朝日系列では、朝日新聞もこのようなコラム記事で扱っていた。

朝日系列だから、新日の選手も扱って欲しいのだが、渋谷のUNDERBARでのレゲエイベントに永田さんがゲスト出演なんて記事、朝日新聞には載らないよなぁ(笑)

でも永田さん好きです♪

2007.12.07 Friday

NHKが星野仙一緊急特番!!

北京オリンピック出場決定した星野ジャパン。

それを率いたのは、闘将・星野仙一なのだが、その舞台裏に密着した番組がNHKで放送される。

放送日時は
2007年12月8日(土)
22:00〜22:49
NHK総合テレビ

詳細はこちらの公式サイトで!!

2007.12.03 Monday

心優しき鉄人・小橋建太復活!!(後編)

秋山と高山の先発で始まるかと思えたが、秋山が小橋を挑発。
その挑発を小橋が買って出て、いきなり小橋登場!
場内割れんばかりの「コバシ!コバシ!」の大合唱!

小橋がチョップを叩き込み、さらにタックルをぶちかます。
ここで代わって入った三沢を自分のコーナーに引き込み、小橋がチョップ、高山がキック!
とても病み上がりとは思えない動き。

その後の展開は割愛させていただくが、
私が一番好きなコーナーに追い詰めてのチョップ連打は、今まで以上のチョップを叩き込み、ハーフネルソンスープレックス、豪腕ラリアット、さらにはムーンサルトプレスと持ち技のすべてを繰り出し闘う姿にパワーの衰えは微塵も感じさせなかった。

試合は最後は、小橋&高山組が分断されてしまい、
秋山のフォローを得て、三沢が雪崩式エメラルドフロウジョンで小橋からフォールを奪う。

高山の復帰戦でも書いたが、復帰戦だからとすぐ勝たせるほどノアは甘くはない。

だが小橋が最前線で闘えると確信したすばらしい試合であった。

高山、秋山、そして三沢までもがロープを空け、花道を帰っていく小橋建太。
感動をありがとう!

終わり
と、行きたいのだが

「ウソだよーん!!」

この後もっと感動することが起きてしまった。

なんと試合後の小橋建太と会うことができたのである。
大一番のとてつもなく厳しい試合を終えた後にも関わらず、快く対応してくださる小橋建太。
この人のファンにならない人間はいないんじゃないだろうか?

あのチョップ、あのラリアットを放つ右手で握手して頂きありがとうございました!!








※また本田多聞、潮崎豪、両選手の優しい対応も忘れません!!
菊地毅の寒空の中、上半身裸で酔っ払った姿も別の意味で忘れません(笑)

2007.12.02 Sunday

心優しき鉄人・小橋建太復活!!(前編)

本日のプロレスリングノア日本武道館大会で小橋建太がついに復帰。
ガンとの闘病生活に勝利し今日の試合でメインイベントの重責を務める。

対戦カードは
三沢光晴&秋山準VS小橋建太&高山善廣

という超豪華なタッグマッチ。

小橋とタッグを組む高山善廣も、脳梗塞から復帰した鉄人である。

ガン&脳梗塞という現代人の主な死因である病気に打ち勝っただけでも鉄人なのだが、現役の最前線でプロレスをしている。
月並みだが『スゴい!』という他に彼らを形容する言葉が見当たらない。
それくらいスゴいのである。

セミファイナルの試合が終わり、どこからともなく湧き上がる「コバシ!コバシ!」と小橋コールが沸き起こる。

そんな出来上がった雰囲気の会場に、秋山準、高山善廣、三沢光晴と入場し、いよいよ小橋が入場。
小橋の入場テーマ曲“GRAND SWORD”の前奏が鳴ると、もう涙が止まらない。

いつもと変わらぬ姿で小橋建太入場。











※多くのプロレスファンは知っていると思うが、内館牧子さんは大のプロレスファン!特に小橋に対する情熱はすごい!


Pagetop


Recommend






Calendar

<< December 2007 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search
このブログ内の記事を検索

Archives