2006.07.19 Wednesday

佐々木健介はやはり男である!

先日16日に日本武道館で行われたプロレスリング・ノアの興行のメインイベント。
高山&健介VS三沢&秋山の一戦!

各種メディアでの報道にあるように、男・佐々木健介は左眼窩底骨折で試合していたのである。

しかもノアの秋山選手のブログによると、ノアの関係者に対してもこの事は伏せられていたらしい。
関係者に心配をかけまいという健介、そして北斗、勝彦の健介ファミリーの心遣いというものには感動させられた。

あせらずじっくり怪我を治してリングに復帰する日を楽しみに待とう!


ちなみに秋山選手のブログは、ノアのレスラーのリングの上とはは違った顔が見れるので必見!
小橋選手に関する内容は笑えます(笑)

2006.07.16 Sunday

日本武道館にて高山善廣復帰!!

0716ノア武道館

脳梗塞から遂に“ノーフィアー”高山善廣が復帰を果たした。
本日行われたプロレスリングノア日本武道館大会のメインイベント

秋山 準&三沢 光晴
VS
高山 善廣&佐々木 健介

という豪華4人衆でのタッグマッチである。



脳梗塞とは?
脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。
回復したとしても言語障害、麻痺等の後遺症を残すことが多い厄介な病気である。



しかしこんな厄介な病気にかかってしまったというのにリングに復帰してしまうこの男はやはりすごい!!

試合内容はというと、高山が三沢&秋山という強敵を相手に暴れっぷりを見せつける。
若干試合感が鈍ってるようなところもあったが、普段見せないドラゴンスープレックスまで使いファンを魅了する。

最後は高山が三沢のエメラルドフロウジョン、秋山のリストクラッチエクスプロイダーという両者の決め技を食らい高山がフォールを取られてしまう。

普通の団体なら復帰の高山に華を持たせ高山に勝たせるのだが、ノアはそんなに甘くはない。


ちなみに本日のメインイベントは佐々木健介ではなく小橋建太が出場する予定だった。
しかしご存知のように腎腫瘍で出場不可能となってしまった。
(それで小橋の代わりにと立ち上がってくれたのが男・健介であった。)
まあ絶対王者のことだからすぐに元気に復活してくれることだろう!
(手術は無事成功したようで本当によかった)

2006.07.13 Thursday

PRIDE シウバVSミルコ!ノゲイラVSジョシュ決定!

☆PRIDE無差別級グランプリ2006 準決勝
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)
VS
ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)

☆PRIDE無差別級グランプリ2006 準決勝
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
VS
ジョシュ・バーネット(アメリカ/フリー)

こりゃ見に行くしかない!!

2006.07.13 Thursday

ハッスル・キング 橋本真也 フォーエバー

7月11日は、我らが破壊王橋本真也の命日であった。

馬鹿げたことを大真面目にやる橋本真也。
プリングルス(特に緑色のヤツ)が好きだった橋本真也。

そんな橋本真也に捧げるハッスルの興行が11日後楽園ホールで行われた。

いつものゆるい試合とは違い、いい意味で熱い戦いが行われた。
大谷晋二郎&田中将斗&安田忠夫
VS
天龍源一郎&坂田亘&崔領二
の6人タッグトーナメント決勝の試合は本当に熱い試合で盛り上がった。

大谷はもちろん坂田がひじょうに熱く素晴らしかった!!

そしてついにこの日にニューリン様(インリン)がハッスル軍入り!!


セイセイセイ、ちょっと待ってくださいよ。ということはハッスル軍にはキャプテン小川直也、HG、ニューリン様と後楽園ホールでは試合をしない人ばかりじゃないですか!
おいしいとこ獲りフォ〜!!!

8月の後楽園ホール2連戦が不安だ(笑)



7.11ハッスルハウス
7.11ハッスルハウス
7.11ハッスルハウス

2006.07.09 Sunday

ザ・Mペランサー(インリン)まさかの裏切り!?

高田総統の右腕であるニューリン様。
今日の試合だけということでMぺランサーとして闘うメインイベント。

小川直也&TAJIRI VS 川田利明&ザ・Mぺランサー

試合展開は終始高田総統の化身ザ・エスぺランサーの影に怯えるTAJIRI…
そのため苦戦するハッスル軍。
そしてTAJIRIにとどめを刺そうとした川田に…

なんとニューリン様(インリン)が赤い毒霧噴射!!

その隙にTAJIRIが丸め込みハッスル軍勝利!!

そこに怒り心頭の高田総統が登場。

ニューリン様は高田総統に対して
「アタシの本当の敵はハッスル軍じゃなくて高田、おまえだ!」
「こんなモンスター軍、やめてやるよ!」
と衝撃の展開へ!

果たしてこのままハッスル軍入りするのだろうか?



ハッスルキングフォーエバー1
ハッスルキングフォーエバー1

またこの日は昨年7月11日に他界した橋本真也を追悼する記念興行だった。
天国の橋本真也に対して
3!2!1!トルネ〜ド・ハッスル!!



2006.07.02 Sunday

吉田秀彦、藤田和之無念…


PRIDE無差別級GP2nd


「男の中の男たち出てこいや!」
ということで、さいたまスーパーアリーナに行ってきました!

7月1日は今日から丸井のセールがスタートということで(負けられない闘いがここにはある!)午前中から丸井へ。
50%オフはすばらしい(笑)

そこでの闘いに勝利して万全を期してPRIDE無差別級GPへ!
吉田、藤田と2人の日本人選手を応援してたのだが、残念な結果が待っていた…

◇藤田VSヴァンダレイは序盤から打撃戦の攻防。
お互いがよくパンチが見えていて1ラウンドは互角かと思い始めたころにシウバのフックがヒット!
そこで揺らいだ藤田にシウバがパンチを連打!!
ダウンした藤田にキック連発でレフェリーストップ。
ここ一番のシウバのスピードに藤田が対応できなかった。
私の予想は外れてしまった。

◇吉田VSミルコは序盤はパンチで距離をとっていたミルコ。
そのフェイント的に打っていったローキックを異常に痛がる吉田。
それを見たミルコがローキック中心の攻撃に作戦変更。
ローキックの連打に耐えられず吉田TKO負け。

ワールドカップで日本が勝てなかった国に総合格闘技でも苦杯をなめる結果となってしまった…

Pagetop


Recommend








Calendar

<< July 2006 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search
このブログ内の記事を検索

Archives