2013.06.04 Tuesday

猪木が維新軍入り!?

猪木と維新の組み合わせは似合わない。

プロレスファンが維新(維震)と聞けば、「昭和のほう?それとも平成のほう?」と聞き返してしまう。
本隊、いわゆる正規軍に対して反旗を翻す人たちの集まりが維新(維震)軍である。
(維新(維震)軍の詳細は下記の動画をご覧ください)



猪木は常に本隊(正規軍)側で闘ってきた。

前置きが長くなってしまったが(笑)そんな猪木が「日本維新の会」から選挙に出るとのことである。
もちろん今夏の参議院議員選挙に、比例区からの出馬とのこと。

参議院の比例区は、全国が選挙区になるのでタレント・スポーツ選手等の選挙前から知名度の高い人物が担がれる傾向がある選挙である。
これこそ客寄せパンダという感じである。

橋下徹の慰安婦に関する発言、風俗に関する発言等で、維新の会の人気に陰りが見え始めて来た今、何故このオファーを受けるのか理解に苦しむ。
逆に維新の会側からすると、凋落しつつある人気を浮揚させる挽回策と思える。
(そもそも維新の会からのオファーを受けるくらいなら、今までの自民党や民主党からのオファーをなぜ受けなかったのか?)

石原慎太郎、橋下徹という2人の代表は、私と主義主張は異なるが、実行力や周囲を巻き込む力という点では、他の政治家とは比べ物にならないくらいの力を発揮する。

そのため、この両者を嫌いという訳ではないが、維新の会は嫌いである。
正直「政権を獲りたい」ということ以外、政党としての方向性を感じない。
まあ「与党でありたい」というのがマニフェストであるかと思える公明党よりマシかもしれないが(笑)

当然、猪木とも何ら政治理念が合う訳でもないと思われ、オファーを出す方も、オファーを受ける方もどうかと思う。

PRIDEを捨て、神戸ウイングスタジアムで猪木ボンバイェを開催したのと同じ正気の沙汰とは思えない行動である(笑)

Pagetop


Recommend








Calendar

<< June 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

Search
このブログ内の記事を検索

Archives