2019.03.25 Monday

株式会社化する日本 内田樹 鳩山友紀夫 木村朗

内田樹氏、鳩山友紀夫氏、木村朗氏による鼎談を収録した本で、名前が最初に書いてあるように内田氏が中心になり話が進んでいく。

第一章では、日本とアメリカとの関係を「対米自立」を中心に語っており、内田氏によると対米従属とならざるをえなかった理由は「(太平洋戦争で)あまりにもひどい負け方をした」からだと言う。

その負けから、アメリカに追いつき追い越せで経済復興し、アメリカを追い越そうとしたことでアメリカの逆鱗に触れ、バブルがはじけてしまった…

またアメリカに対してモノを言おうとすると、日本国内の「対米従属テクノクラート」からも総攻撃を食らうらしく、その例が鳩山元総理だとのこと。

その様子を見て安倍は学習し、対米従属路線をとっているらしい。

私には安倍はそこまで深く考えることができるとは思わないが(笑)

その対米従属路線によって、日本の国際的地位は低下し、オリンピック、万博、カジノといった時代遅れの打ち上げ花火的な公共事業で幻想を振りまくくらいしかできないとのこと。

鳩山氏の話で印象に残ったのは、日本の官僚とアメリカの軍人との間で日米合同委員会というものが行われており、この委員会がとても大きな力を持っており、鳩山氏はこの勢力の抵抗に遭い大変だったらしい。

天皇制に対しての3人の考え方が意外なところがあり興味深かった。



第一章だけでこれだけの内容なので、全部の章に触れるわけにはいかずこの辺で留めておくが、第二章で安倍政権をこの本のタイトルである「株式会社化する日本」ついて解説している。

その視点が斬新で的確なので、とても興味深く読ませて頂き、多くの人に勧めたい本であった。

2019.03.24 Sunday

わかりやすさの罠 池上彰

フェイクニュースが溢れる現代に、どのように情報収集し対応すべきかを池上彰さんがアドバイスしてくれている。

序章では、池上さんが「わかりやすさ」を強く意識するようになった経緯をご自身のキャリアを振り返りながら解説している。

ただ「わかりやすさ」にも注意が必要で「わかったつもり」の問題点も指摘しており、「知る力」を鍛える重要性を説いている。

第一章では、テレビ業界の裏話や問題点を指摘しながら、「わかりやすさ」とは何なのかを解説してくれている。

第二章では、ネットの問題点を厳しく指摘しており、ネットはあまり信頼していないようである。

第三章では、新聞や本の重要性について語っており、多くの新聞を購読し読み比べしているとのこと。

「これって佐藤優氏と同じ情報収集だ!」と思ってしまった。

また出張の移動時間には3冊を用意するとのことで「あっ私と一緒だ!」と思ったのだが、池上さんと違って、私は仕事より本を重視してしまうところがダメなところである。

また本屋のメリットや、お勧めの書店といった話についても触れている。

ちなみに池上さんがLINEやSNSを使わない理由には納得させた。



最後の章では、今までの取材時のエピソードを紹介してくれている。

あまり日本人がいかない国々の我々のイメージと異なる違う意外なエピソードが面白かった。

私には、この本はビジネスマンより、もっと若い大学生や高校生に読んでもらいたい本に思えた。

Pagetop


Recommend








Calendar

<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Search
このブログ内の記事を検索

Archives