2017.12.04 Monday

ナチスの「手口」と緊急事態条項 長谷部恭男 石田勇治

憲法や近現代世界史の知識がないと、やや難しいかもしれないが、とても興味深いテーマの本である。

安倍晋三や麻生太郎のような知的水準の低い方々には、理解が難しいかもしれない(笑)

この本は、ナチ・ドイツ研究の第一人者である石田氏と、国会での発言でも有名になった憲法学の長谷部氏の共著である。

序盤はワイマール憲法下において、ヒトラーがどうやって政権を奪取したかを、歴史を振り返りながら憲法を中心とした視点で解説されており面白い。



ヒトラーに悪用された「緊急事態条項」だが、戦後ドイツもボン基本法で「緊急事態条項」を盛り込んでいる。

その背景に冷戦があったことや、乱用を防ぐための制度設が、過去の過ちを二度と繰り返してはならないというドイツという国の気概を感じる。

それに比べて日本の「緊急事態条項」はどうだろうか?

その危険性を「統治行為論」と絡めて問題点を指摘している。

憲法学などを学ぶ方が読んでも、面白いと思える内容のある本であった。

2017.12.03 Sunday

広岡イズム 広岡達朗

この本の著者名とタイトルを聞かなければ、野球関係者の本とは思えない(笑)

良い意味でも悪い意味でも、やや異質な本で野球の話の中にいきなり合気道の話が出てきたりする。

広岡氏の本を読むのは初めてだったので、やや面食らってしまった…

「気」の字を使わず「氣」の字を使うあたり独特のこだわりが垣間見える。



いきなり病気や医者の話からスタートする。

この時点で、買う本を間違えたかと思いました(笑)

医者は病気を診断し薬を使って病気を抑えるだけで、病気を抑えるのは自分自身の生活だとのこと。

納得できなくはないが、こういう患者さんが病院に来ると医者は大変だろうなと。

「指導者がなすべきこと」「人を育てる」では、納得させられることも多く、巨人の生え抜きを育てられない現状を嘆いていた。

また川上監督との確執にも触れられており、ズバズバとモノを言える人なんだという印象を受けた。

「組織を育てる」ではコリジョンルールやスライディング、人工芝へ対しても考え方が書かれており、私は全体的には賛成である。

「日本人が目指す姿」あたりから大和魂や教育勅語が出てきて、野球から離れた話題が増えていく。

賛否両論がある本だと思うが、広岡氏の考え方に触れたい方はぜひ手に取ってほしい。

2017.12.01 Friday

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン 大塚雄介

仕事でブロックチェーンに携わっているので関連する書籍に色々と目を通している。

初心者向けに解説してる本のなかで、最も丁寧で分かりやすい本の1つが、この本だと思う。

特にオンラインで株やFXをやっている人にはイメージしやすいのではないだろうか。



2020年の高騰(!?)を前に投資しておくと良いかも。

2017.11.29 Wednesday

核大国ニッポン 堤未果

堤未果さんの本は、何冊か読ませて頂いており経済がテーマの本が多いので、核というテーマに少し驚き。

そして「核大国ニッポン」というテーマに、さらに驚き!

とは言え、この方の本は価格以上の価値がある本ばかりで、興味深い。

オバマ大統領(当時)の「核なき世界」演説を聞き、世界は平和への一歩を踏み出したかと思えたが…

軍事予算、核関連予算は増えている現状。

何の規制もないまま使用されている劣化ウラン弾と、その後遺症に悩む元軍人。

メディアがあまり取り上げない隠された真実がよく分かる本。



考えされられるテーマが多いのだが、明るい話題も紹介されている。

日本のNPOが菜の花を使ってチェルノブイリの放射性物質を取り除くプロジェクトを実施しており、現地の人たちにも喜ばれているとのこと。

武器支援などではなく、こういう支援こそが日本に求められている役割なのではないだろうか?

2017.11.28 Tuesday

侍ジャパンを世界一にする!戦略思考 野村克也

ノムさんが侍ジャパンを語る!!

こういうタイトルの本を出す時点で、ノムさん侍ジャパンの監督をやりたかったんだろうということがよく分かる(笑)

とは言え、信頼する愛弟子の1人である稲葉篤紀が侍ジャパン監督に就任したからか、球界をあげての稲葉ジャパンをバックアップする体制が重要だと主張している。

毒舌のノムさんに「支援したい」と言わせる稲葉監督の人間性はすごい。

もちろん具体的な野球の戦略についても書かれており、日本のストライクゾーンに比べて、国際試合では外角にズレているので、それを逆手に取ったリードの必要性などを主張。

やはり生涯一捕手というだけあってキャッチャー視点の内容が多い!





またノムさんが選ぶ2020年侍ジャパンに加えて、時空を超えて歴代の名選手から選ぶ侍ジャパンというものがなかなか面白かった。

野球好きなら、どのチームのファンも楽しめる本である。

2017.09.25 Monday

世界を動かす巨人たち<経済人編> 池上彰

今日の世界の経済を動かしている経済界の大物を池上彰氏が解説。

ジャック・マー(アリババ)、ビル・ゲイツ(マイクロソフト)、ジェフ・ベゾス(アマゾン)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)、ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン(グーグル)とIT業界の大物が多いのは、今の時代を象徴している。

上記のような企業と一緒にビジネスをやっているような企業の方々には、特に楽しめるのではないか?

経済界で成功している人というテーマでセレクションしているので、人間としてはいかがなものかと思える方も取り上げられている。



またアメリカ人やアメリカの企業が多く取り上げられており、やはり今日の世界経済を動かしているのはアメリカなのかなと考えさせられる。

日本からも世界経済を動かすキーパーソンになれる人材が出てきてほしいと思うのは私だけだろうか?

2017.09.24 Sunday

脱 大日本主義「成熟の時代」の国のかたち 鳩山由紀夫

民主党政権時に内閣総理大臣を務めた鳩山由紀夫、改め鳩山友紀夫氏の一冊。

「脱」大日本主義という「日本は政治大国を目指すのではなくミドルパワーを目指し、アジアにおける枠組み作りに全力せよ」といった主張が書かれている。

私は、これは正論だと思うし、高齢化や人口減少が急速に進んでいくこの国が覇権を求めるのは正直厳しい。

それに鳩山氏も指摘しているが、アメリカの意見に追随する子分体質がしみ込んだこの国が「政治大国」を求めること自体がおかしいと、国連の常任理事国入りを目指した際のエピソードなども交えて書かれている。

またアジアにおいて共同体を作ることが、アジアの平和につながり、これこそが「友愛」とのこと。

これにも私は納得できる。



このように内容としては興味深く、もし国際政治学者が書いた本としてみれば良い本だと思う。

ただ鳩山氏は元総理なのだから、ここに書かれた内容を実行するのが役目だったはず。

官僚の抵抗はあったのだろうが、やはり政治は結果責任。

Pagetop


Recommend








Calendar

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Search
このブログ内の記事を検索

Archives