2018.07.22 Sunday

野球バカは死なず 江本孟紀

解説者としてのエモやんはよく知っているが、野球選手としてのエモやんは「ベンチがアホやから〜」のエピソードくらいしか知らない私。

この本でエモやんの生い立ちから、学生時代、プロ野球選手時代を知ったのだが、正直面白い。

エモやんの文章能力の高さもあるのだろうが、所々にオチのある面白いエピソードが盛り込まれており、笑いながら読ませてもらった。

部員の暴力事件(エモやんのせいではない!)で出場できなかった甲子園、監督ともめて干されてしまう法政大学時代。



社会人を経て、プロ入りするとキャンプでいきなりチームの顔である張本勲から呼び出しを食らう。

厳しい「喝!」かと思いきや、まさかの驚きのやり取り。

張本との出会いが、今後のエモやんを大きく変えることに!
ただの厳しいことばかり言ってる爺さんじゃなかったんだな(笑)

その後に南海にトレードされ、ノムさんに出会い、初対面でエモやんは「よし、やったるで!」という気持ちに。

エモやんは、監督には「ハート」か「理論」がないとダメとのことなのだが、野村監督には「ハート」があったとのこと。

ID野球で知られ、理論派の第一人者とも言えそうな野村監督をハート派と分類するとことが面白い。

野村監督は「理論から派生したハート」を持っていたと最大限の賛辞を送っている。

根性野球の時代に、ノムさんのリードで頭を使ったピッチングを学んだエモやんに、当時の阪神タイガースの行き当たりばったり野球が合わず(当時の監督が誰だったかは調べてみてください)若くして現役引退することに。

その後、芸能界や政治の世界での出来事も書かれており、ドラマにできるんじゃないかというくらい波乱万丈な人生が面白おかしく楽しめる本であった。

2018.07.21 Saturday

新装版 電通の正体 週刊金曜日取材班

この本は2006年9月初版『電通の正体 増補版』に加筆改訂したものであるため、2000年代前半に起きた内容が多いのだが、この本を手に取るのが初めてだった私には興味深い本であった。

電通という一広告代理店が、業界、いや社会でどのようなポジションにいるのかが、電通の成立の過程も含めて理解できる内容である。

「セクハラ」あり「パワハラ」ありの、ろくでもない会社なのに、大学生の就職希望では上位にランキングされるこの会社のことを、多くの方に知ってほしいと思う。



就職活動する大学生や、その親御さんにも手に取ってもらいたい。

ちなみに私は新卒、中途で何回かこの会社にエントリーされたがまったく相手にされず…(笑)

逆に新卒、中途とエントリーして、すごく良い対応をしてくれた博報堂さん。

今の私は、広告等をマネジメントするのが業務の1つなのだが、大きな広告を依頼する際に、どちらに依頼しようと思うかは言うまでもない。

2018.07.17 Tuesday

慶應三田会 学閥の王者 週刊ダイヤモンド編集部

慶應三田会という名前に釣られてついつい購入。

内部の人間からすると、知っている内容が多いのだが、外部の方はこういうことを知りたいのかと点で興味深い本である。

三菱や三井といった財閥の繁栄に、福沢諭吉先生をはじめ多くの慶應関係者が貢献した点などは、知っていても面白い。

大手商社で、丸紅で社長や役員クラスに慶應出身者が増えているのは、意外で驚いた。

私のいる会社は残念ながら、慶應閥も三田会もなさそうなので、自分で頑張るしかなさそうである(笑)




竹中平蔵が生意気に慶應について語っている点が不満でならない…

2018.07.16 Monday

知らないと恥をかく世界の大問題9 池上彰

池上彰氏の本は色々と読ませてもらったが、この“知らないと恥をかく世界の大問題”シリーズは実は初めての購入。

世界の大問題と書いてあるだけあって、内容の大半が世界情勢で、最後に少しだけ日本のことが触れられている。

エルサレムへの大使館移転問題、イラン核問題、米朝問題、EUの今後とタイムリーな国際情勢を分かりやすく解説してくれている。



日本人が苦手な地域である中東近辺の状況は、かなりかみ砕いて解説してくれており、分かりやすい。

2018.06.24 Sunday

変わろう。 井口資仁

昨年現役を引退し、今年2018年から千葉ロッテマリーンズの指揮を執る井口監督。

第1章では引退試合の舞台裏を紹介。

劣勢の場面で起死回生のホームランを打ってしまうのはカッコ良すぎる。

そして第2章から、監督就任してからの話が始まるのだが、学生時代のエピソードや、現役時代のエピソードが多い。

「余力を持って、惜しまれてバットを置きたい」という考えを持っていて、実際にそれを実現したのはさすがである。

第3章では、育ててもらった王監督や、メジャー時代のギーエン監督にまつわるエピソードが紹介されている。

メジャー時代は、慣れない2番バッターで苦労されたようだが、ギーエン監督の配慮や気遣いのおかげで、やり遂げることができたとのこと。

野村監督の本を読むと、若いころ指導された監督からの影響が、その後の野球観や(指導者になった際の)采配に現れるそうである。

井口監督の采配に、この2人の影響が出ているか確かめたい。

第4章では、壁の乗り越え方として、現役時代に出会った島田誠、金森栄治、森脇浩司といった名コーチ達とのエピソードが秀逸。

特に金森コーチの打撃理論は素晴らしく、今の阪神に必要な人材に思える。

片岡コーチとはレベルが違いすぎる気がする(笑)

第5章は、世界(メジャー)に興味を持った理由などが書かれており、オリンピックでの経験など国際大会の影響で、世界と戦いたく思ったようである。

第6章で監督としての考え方が書いてあるのだが、これがまた素晴らしい。

例えば「うまくいけば選手の成果、失敗すれば監督の責任」「新聞やテレビ等で選手を名指しで批判しても、選手のモチベーションが上がることはない」等々、どこかの監督に聞かせたいことばかり書かれている(笑)



阪神タイガースも、こういうしっかりした考え方を持っている人を監督にするべきなんじゃないだろうか?

背番号31のあのお方とか。

2018.06.03 Sunday

人生にムダなことはひとつもない 佐藤優 ナイツ

外務省出身の佐藤優氏と、浅草の漫才協会出身のナイツという不思議な組み合わせ。

話がかみ合うのか少し心配だったが、意外と気が合うのかテンポよく話が進んで面白い。

プロテスタントである佐藤優氏と、創価学会であるナイツの2人ということで、やや宗教色が強い本ではある。

私はプロテスタントでも、創価学会でもないので、「こんな考え方もあるのか」と軽い気持ちで読ませてもらった。



ナイツの2人が、ざっくばらんに話しやすい雰囲気を作ったからか、佐藤優氏が他ではあまりしたことがないようなエピソードを話してくれて、それが意外に興味深かった。

普段から時事ネタを扱うナイツなので、話しやすかったのだろう。

池上彰氏や、手嶋龍一氏といったジャーナリストの対談とは違う一面が分かり、興味深かった。

佐藤優氏かナイツのどちらかに興味がある方には楽しめると思う。

もし両者のファンであれば読むしかない!

2018.05.28 Monday

日本生命セ・パ交流戦 2018 「5.29 開幕!」篇



Pagetop


Recommend








Calendar

<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Search
このブログ内の記事を検索

Archives