2013.02.17 Sunday

阪神の四番 新井貴浩

新井さんによる野球部の体罰告発本(笑)

家庭での体罰、高校時代の体罰、大学時代の体罰、プロに入ってからの体罰と、今のご時世にタイムリーと言っても過言ではない内容である。

阪神の四番というタイトルではあるのだが、新井さんの自伝的な内容である。
幼少期の話、高校時代、大学時代、プロ時代(カープ編)、プロ時代(タイガース編)と時系列で語られている。
その中で、特に星野ジャパンで四番を務めた北京オリンピック、金本アニキとの愛情日記に特について詳しく書かれている。



もちろんタイトルにある「四番バッターの(新井さんなりの)意味合い」「四番を務める(新井さんなりの)心構え」についても書かれており興味深い。

しかし理不尽な体罰の話が本当に多いのだが、「阪神の四番」というタイトルは表向きで、本当は体罰を告発したかったのではないだろうか?

Pagetop


Recommend








Calendar

<< February 2013 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

Search
このブログ内の記事を検索

Archives