2015.01.24 Saturday

田中角栄 権力の源泉 大下英治

昨年末に発売された大下英治氏による田中角栄に関する本。
大下氏の本らしく新書のレベルを超えた分厚さで、いかにも読み応えありそうな本。

田中角栄の人生に、小佐野賢治の人生を交えたような形で話は進んでいく。

第1章は、幼少時代から国会議員になるあたりまでのことが書いてあるのだが、幼少時代のエピソードが事細かに書かれており、大下氏の取材力には驚かされる。
「真横で見てたんかい!」と言いたくなるような細部まで書かれており、読んでいる者も田中角栄を知り合いかと錯覚しそうになるくらいである。

また当時の人にしては珍しく、自分のキャリアアップのためなら、スパッと職を辞め次の職に移るといったことをしており、意外な一面に思えた。

第2章は、大臣から幹事長までの時代が書かれている。
田中角栄は選挙に強い人なのだが、自分自身が経営する会社を挙げての選挙活動、有権者を新潟から東京の目白へある田中邸へ招待といった、今の時代では考えられない手法がとられている。
あれっ?最近、群馬の有権者を東京に旅行に連れていったことが問題で辞任した女性大臣がいたような…w

また小学校しか出ていない田中角栄が、大蔵官僚をどのようにして味方にしていったか。
お金を使った手法は真似しづらいが、細かい気遣いは上に立つ者の心得として興味深い。

第3章は、内閣総理大臣田中角栄。
総理として最大の功績は、やはり日中国交回復であろう。
中国との交渉の席でのやり取りは、やはりさすがとしか言いようがない。

しかし栄華は長くは続かない…
(そのためこの章は短い…)





第4章は、ロッキード事件。
内容はご存じだと思うが、田中角栄がアメリカのロッキード社の代理店である商社丸紅の請託を受け、全日空にロッキード社の新型旅客機であるトライスターの選定を承諾させ、その謝礼として5億円を受け取ったとされた、受託収賄罪事件のことである。
この事件は「アメリカが嗾けたことによる検察の暴走?」とも思えない事もないのだが、起訴されても田中派の結束は固く、さらに選挙にも勝ってしまう田中角栄の人気はすごい。

第5章は、田中派のお家騒動。
他の派閥の人間を担ぐことで、キングメーカーとして影響力を行使したい田中角栄と、自派閥から総裁(総理)を出したい若手議員との対立。
この若手の中に、竹下登、橋本龍太郎、小渕恵三、梶山静六、小沢一郎、羽田孜といった首相クラスの錚々たるメンバーがいた。

対立したとはいえ、これらの大物を育てた田中角栄恐るべし。

この本を読み終えて、もう少し田中角栄のことを知りたくなってしまった。

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/325491
Post a comment
 
Pagetop


Recommend








Calendar

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Search
このブログ内の記事を検索

Archives