2014.09.19 Friday

阪神タイガースの黄金時代が永遠に来ない理由 野村克也

ノムさんが阪神タイガースについて厳しく批評した(?)本ということで購入。

阪神のことだけでなく、巨人のことも書かれていたりするのだが、やはり大半は阪神の話題なので、阪神ファンが読んだ方が楽しめる。

まず最初に、関西メディアがワールドカップ開催中であろうが、スポーツ紙の一面が阪神タイガースであることについて書かれている。
関西エリア以外の方々には信じられないことだが、もちろんこれは本当のことである。

ちなみに、このことが1軍半レベルの選手をスター選手になったと勘違いさせる一因になっているとのこと。
私もこの点は同意でき、若手がなかなか育たない原因だと思っている。

阪神ファンの多くの方が知っていることだと思うが、阪神監督時代のノムさんと今岡誠との確執(?)について等が書かれている。



現在の阪神タイガースに関しては、「和田監督はオーラがなくコーチ向き」と書かれており、これは多くのファンが納得することだろうと思う。

個々の選手には厳しいことが書かれているのかと思っていたのだが、上本と大和は平均以上の足の速さがあり小技もできる。
ベンチもサインが出しやすいと高評価。

鳥谷は全てを兼ね備えている、ゴメスについては詳しく書いていないのだが、マートンの安定感を褒めていた。

また意外なところでは、西岡剛を評価しており、その内容が予想外で西岡を見る目が変わった。

ところが某選手に対しては「フルスイングではなく、ただのムチャ振り」と厳しい指摘。



その選手とは、もちろん新井貴浩(笑)

この本のタイトルである「黄金時代が永遠に来ない理由」なのだが、ノムさんは「絶対的エースの不在」「生え抜き4番の不在」「正捕手の不在」といった点を挙げていた。

とは言え、生え抜き4番は厳しそうだが、藤浪が絶対的エースになり、梅野が正捕手になれば、黄金時代に1歩近づくのではないかと思ったのは私だけだろうか?


最後に、ノムさんはきっちり挨拶に来る選手が好きで、そういうことができない選手が大嫌いなんだということが、よく分かる本であった。

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/322395
Post a comment
 
Pagetop


Recommend






Calendar

<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

Search
このブログ内の記事を検索

Archives