2018.12.04 Tuesday

わいたこら。 新庄剛志

「わいたこら。」は、標準語でいえば「なんじゃこりゃ?」といった意味らしい。

そんな「わいたこら。」と思えるエピソード満載の新庄剛志の面白自伝といった感じの本。

本人がTV番組等でも語ったことがあるように、今まで稼いだ20億円を使い込まれてしまった新庄剛志。

それでも、ポジティブ思考で幸せに生きていけるのは、大物たる所以か?



また、あまり表には出ていない野球のエピソードも面白い。

阪神タイガースからFAでメジャー移籍、シーズン終了後に日本でお世話になった野村監督を食事に誘う。

そこで3人の選手を推薦すると、その3人は他球団に入ってしまうのだが、その後タイトルまで獲ってしまう。

あっと驚くエピソードなのだが、お世話になった人にしっかりお礼をするあたりが、新庄が好かれる理由の1つなのだろう。

新庄とノムさんとは、意外と相性が良かったのかもしれない。

いつの日か、阪神タイガース新庄監督が見てみたい。

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/354446
Post a comment
 
Pagetop


Recommend








Calendar

<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search
このブログ内の記事を検索

Archives