2017.07.24 Monday

小池百合子 偽りの「都民ファースト」 片山善博 郷原信郎

「都民ファースト」を公約として、都知事に就任した小池百合子。

小池都知事の誕生で、都政に注目が集まる中、何が問題かを分かりやすく解説している本である。


最初に出てきた話が、都議会の自民党会派内に「政策推進総本部」というものがあり、都庁各局がここに案件を持ち込み、ここで同意が得られた後で知事に了承を得るという流れである。

予算案や条例案は、知事が議会に提出する物なので、この流れはおかしく、今までは知事と議会がなあなあになっていたようである。

こういう所にメスを入れる小池都知事を想像していたのに、何がやりたいのかよく分からないという点が問題点であるとのこと。

私もこの点には同意でき、何を改革したいのか正直よく分からない。


また前任の知事や役人の責任追及に躍起になっている点も問題だと指摘している。

私は、場合によってはこの責任追及は必要だという考えなのだが、優先順位が間違っていると思う。

責任追及は後でやるとして、真っ先にやることは実際に市場で働く方々と、その関係者の方々のために市場をどうするかを早く決めることである。

それに、市場を移転するかどうかは、知事の独断ではなく議会にも諮る必要があるのに、法的根拠のない専門家集団とやらにだけ諮られている。
(だって豊洲移転は、知事が案を議会に出し議会で可決したんでしょ?)

そのことを主張しない議会も情けないとのこと。





こんな感じで、片山氏と郷原氏が切れ味鋭く、小池都知事だけでなく都議会も含めた現在の都政の問題点を指摘している。

都民の方や、豊洲問題に興味がある方はぜひ目を通して頂きたい。

※ここではネタバレになるのを避けるため、豊洲問題について書きませんでしたが、本の中では片山氏も郷原氏も問題点を熱く語っております。

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/346082
Post a comment
 
Pagetop


Recommend








Calendar

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Search
このブログ内の記事を検索

Archives