2017.02.27 Monday

安倍三代 青木理

安倍寛(あべかん)安倍晋太郎(あべしんたろう)安倍晋三(あべしんぞう)という安倍家の系譜を辿った本。

この3人の名前を見て「あれっ?安倍晋三の祖父は岸信介では?」と思う方が多いかもしれない。

確かに岸信介も安倍晋三の祖父だが、こちらは母方の祖父で、こちらの方が話題になることも多く、多くの人がこちらの祖父をイメージするのだと思う。

この本では安倍家のルーツを辿っているので、父方の祖父である安倍寛のことについて記載されている。



この安倍寛という方は、正直私は知らなかったのだが、誰からも信頼し愛される人格者であったようである。

「大政党の金権腐敗を糾弾」「東條英機らの軍閥主義を鋭く批判」といった行動を行っていたらしい。

格差を是正したいといった今の時代であってもマニフェストになるようなことを、戦前から主張しており、先見の明がある素晴らしい方に思えた。

ただ体調面に不安があり、志半ばでこの世を去ってしまう。

その際に、多くの政治家(その中に岸信介もいるのが何とも不思議)が「安倍寛がもっと生きていれば日本は変わったであろう」と悲しんだそうである。



安倍寛の息子である安倍晋太郎は、バランス感覚に優れ外交の分野で活躍した政治家であった。

意外なことだが、幼少時代はガキ大将的な少年だったようで、勉強だけじゃなく野山を駆け回り遊んでいたようである。

また父親である安倍寛が若くして亡くなったため、安倍晋太郎は孤独な青年期を過ごすことになる。

ただそのことが様々な階層の方々に優しい政治家になる土台となったのであろう。

外務大臣や自民党幹事長などを歴任し、総理大臣の椅子が目前の状況で亡くなってしまう。





そして現在総理である安倍晋三についてなのだが、正直これといったエピソードがないのである。

多少は著者の作為的なところもあるのだろうが、学生時代の恩師や同級生のインタビューでも「特に印象がない」といった感想なのである。

唯一面白いエピソードと言えば、社会人時代に上司のパシリとして牛乳を買いに行くエピソードで、上司が小銭を持って近づいてくるだけで、買いに行く準備をしたそうである。

そういう話を聞くと、本来は憎めない性格の方なのかもしれない。

ただ安倍寛や安倍晋太郎であれば、もう少し思慮深いだろうし、国有地を森友学園が買う際に特別な配慮などしないだろうと思うのは私だけだろうか?

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/342964
Post a comment
 
Pagetop


Recommend








Calendar

<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Search
このブログ内の記事を検索

Archives