2016.11.17 Thursday

これが「日本の民主主義」! 池上彰

池上彰が日本の民主主義を解説、いや日本の民主主義の問題点を批判している本。

第一章では「安全保障」について書かれているのだが、日米安保条約の締結といった戦後から、今日までの日本について書かれている。

この章では、内閣法制局長官を集団的自衛権の行使を認める官僚に変更するという手法で、憲法解釈を変更することの問題点を指摘している。

また2012年の「アーミテージ・ナイ・レポート」でアメリカが提案した要求を、忠実に実行している点も暗に否定している。

第二章では「TPP」について書かれていて、TPPそのものの問題点を指摘というより、TPPに関しての自民党の公約違反の問題点を指摘している。

2012年の選挙で「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。」と選挙ポスターに書かれていたのに、まさかの手のひら返し。

これが日本の政治の水準ですと嘆いています…

第三章では「原発政策」についての問題点を指摘しており、メディアによる原発PRや、補助金による過疎地を合法的に買収する手法を批判している。

また高浜原発の運転を差し止めた大津地裁の仮処分に対し、裁判所の判断を批判した某関西の経済人の話など呆れるしかない。

その経済人はこのブログの運営会社グループのトップだったりして…

第四章の「税制」に関しては、減税をアピールして票を得ようとしている政治家の態度を批判している。

池上彰氏は、有権者を説得してでも増税し、国家の赤字を何とかしたいと思っているようである。

私もその部分は理解できるのだが、まずは赤字を生み出した政治家や官僚が責任を取ったのちに増税すべきだと思う。

第五章は「メディア」に関してで、当然ながら高市早苗総務大臣の脅しとしか思えない問題発言を「ここはどこの国なのでしょうか?」と皮肉っている。

またテレビで政権の政策を解説すると、政府の担当部局から「ご説明に上がりたい」と連絡が来るとのこと。

これって「監視してますよ」ってことでしょうかね?





このように今日の日本の民主主義の問題点を皮肉っているので、多くの方々に読んでもらいたい。

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/341352
Post a comment
 
Pagetop


Recommend






Calendar

<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Search
このブログ内の記事を検索

Archives