2014.01.13 Monday

野生の教育論 野村克也

「本のタイトルと著者がミスマッチ」だと思ったのだが、逆にそれが面白く手に取ってしまった。
(ちなみに表紙のノムさんは、野性とは正反対の高級そうなスーツ姿)

実際にノムさん自身も、このタイトルには違和感を感じ「長嶋のところに話をもっていけ!」と一喝したようである。
とは言え、選手を見る際には、身体能力や頭脳以前に“反骨心”というものを最も重視しているそうで、この本はその反骨心を野性と捉え書かれている。
そのため、いつもとやや切り口が違っており興味深かった。
「気持ちで勝つ」と言った表現も出てきて驚いた。



楽天イーグルスが日本一になったこともあり、イーグルス、特にマーくんや嶋について多く書かれている。
彼らのファンには読んでいて特に面白いと思う。

もちろんヤクルト、阪神と言ったノムさんが指揮したチーム、そしてそこでの教え子達についても記載してある。
ここでも「野生」が切り口のため、今まで語られていなかったエピソードもあり面白かった。

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/313875
Post a comment
 
Pagetop


Recommend






Calendar

<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Search
このブログ内の記事を検索

Archives