2013.11.04 Monday

なぜ阪神はV字回復したのか? 岡田彰布

昨日の田中将大投手のまさかの連投で、楽天イーグルスが日本シリーズを制した。
CSでまったく良いところがなく、コロッと負けてしまった阪神タイガースに、このような熱い闘いができるのかなどと思いながら見入っていた。

そのような心境の中、読んだのがこの本である。



V字回復したとは言い難いのだが、V字回復の兆しはあるとのこと。

打線に関しては、西岡・大和の1,2番を評価しており、私も同意するところである。
ただ4番の不在を嘆いており、ノムさんの言葉を借りて「日本人のエースと4番はなかなか育てられない」が、育てる必要性を説いていた。

投手陣に関しては藤浪くんを大絶賛。
まあ今までこんな球界の宝みたいな逸材が、ドラフトで獲れたことなかったので当然といえば当然(笑)
またストッパーに関しては、私の好きな松田遼馬に期待しているようで、特にストレートで三振がとれている点を評価していた。

このあたりまでは比較的当たり障りのないことが書かれていたのだが、ここからどんでん節が炸裂する。
「二軍から選手が育たない問題点」「福留獲得の是非」「フロントの意識改革の必要性」と、厳しいことが書かれている。

また次期監督を準備しておく必要性の点も興味深かった。
私としては、もう一度「岡田阪神」を見てみたいのだが。

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/312169
Post a comment
 
Pagetop


Recommend






Calendar

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

Search
このブログ内の記事を検索

Archives