2011.10.13 Thursday

ダメ虎を変えた! 野崎勝義

阪神タイガースの球団社長を務めた野崎さんの本。
「ダメ虎を変えた! ぬるま湯組織に挑んだ、反骨の11年」というタイトルから分かるように、以前のぬるま湯体質であった阪神タイガースのフロントの内情がよく分かる。

野村監督、星野監督といった監督のエピソード、先日お亡くなりになられた久万オーナーとのエピソードといった球団社長としての奮闘が書かれている。



この本を読んで思ったのは“球団社長”というのは、現場とフロント、オーナーとフロントといった色々な側面で板挟みにあう大変なポジションに思えた。
職場で中間管理職的な立場で働いておられる方々は頷くところが多いのではないか?
今の球団社長はそんなに大変そうに思えないが…

最後には阪神タイガースへの提言が述べられている。
その提言を読むと、もう一度野崎さんに球団社長、あるいはオーナーといった立場に就いて頂きたいと思うのだが無理なのだろうか?

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/279692
Post a comment
 
Pagetop


Recommend






Calendar

<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search
このブログ内の記事を検索

Archives