2010.06.02 Wednesday

鳩山首相辞任へ

鳩山由紀夫首相は2日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる混乱や、社民党の連立政権離脱を招いた責任を取って、退陣する意向を固めたとのこと。

営業をやったことがある方なら分かると思うのだが、クライアント(鳩山さんの場合は国民)に期日を約束する際には、ある程度余裕を持って期日の約束をするのが基本である。

“5月末”という、おそらく参院選前までにという意向が働いたと思うのだが、厳しすぎる期日を公表してしまったことで墓穴を掘った間は否めない。

人としては憎めない方なのだろうが、様々な問題を抱える国の首相は荷が重かったか…

しかし鳩山首相が辞めたところで、この国が抱える様々な問題はなくならない。
次の総理にも、様々な問題を解決することが求められるのだが、果たして適任者はいるのだろうか?

意外と大穴で“亀井静香内閣総理大臣”とかありえるかも!?
危機的状況のこの世の中では、あの人のような“突破力”が必要不可欠にも思える。

間違っても、小沢一郎内閣総理大臣、鳩山由紀夫幹事長とかは勘弁してね(笑)

まあ順当に菅直人内閣総理大臣で落ち着くのかな?

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/251213
Post a comment
 
Pagetop


Recommend






Calendar

<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Search
このブログ内の記事を検索

Archives