2007.04.18 Wednesday

伊藤一長・長崎市長、ご冥福をお祈り致します

本日未明に伊藤一長・長崎市長がお亡くなりになられた。
民主主義国家では考えられない銃撃を受けたのである。

こういう事件を聞くと、この国は本当に先進国で法治国家なのかと思ってしまう。

実は自分はこの人とずいぶん前に会ったことがある。
10年ぐらい前のことであるのだが、まだ学生であった選挙権があるかどうかも分からない若輩者の自分に対して、人がまばらな場所で、すごく丁寧に話をしてくださった事を覚えている。
いい意味で政治家らしくない人だという印象を受けた。

なかにはパフォーマンスの一環で、群衆の中で敢えて選挙権があるかないか分からないような学生に積極的にアピールし、それを見ている観衆にアピールするような政治家もいるのに…
(ちなみにこの手の政治家は人気がなくなると、選挙権がなさそうな人間相手には態度が豹変します。実際経験あり)

日本のために有益で失ってはならない人間を亡くしたように思う。

Comment
Post a comment









 
Comment
http://shinjo.tblog.jp/trackback/138381
Post a comment
伊藤一長さん、さようなら
伊藤一長長崎市長のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご家族・近親者の皆様には衷心よりお悔やみ申し上げます。 冷酷で貪欲な精神の持ち主たちにより世界に暴力の連鎖が広がりつつある中、伊藤一長さんは勇気をもって平和を希求しました。それは大変に尊
| 喜八ログ | 2007/04/23 8:51 PM |
町田・立てこもり事件、またも銃犯罪
伊藤一長・長崎市長の銃殺事件につづいて、町田では、暴力団員の射殺事件の末、立てこもり、自殺未遂。 この国でも銃規制はうまくいっていない。銃刀法によると、
| 今日感 | 2007/04/21 12:10 PM |
 
Pagetop


Recommend








Calendar

<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Search
このブログ内の記事を検索

Archives