2017.05.03 Wednesday

エリートの倒し方 里崎智也

ロッテの日本一、第1回WBCでの世界一に大きく貢献し、引退後も様々なメディアで活躍している里崎智也が書いたビジネス書。

野球の本ではなくビジネス書という点にまず驚いたのだが、様々なビジネスシーンを想定して書かれており意外に面白い。


序盤は野球の話からスタート。

ロッテ入団時の背景が書かれていたのだが、当時弱かったロッテだとレギュラーになれる可能性が高いと思ったとのこと。

これってノムさんが南海に入った理由と同じじゃないか!

まったくタイプが違うように思える里崎とノムさんが、入団する球団が同じだったのは興味深い。

入団後にレギュラーの座を獲得するため里崎が力を入れたのが、まさかのバッティング。

その際に相手バッテリーを研究したとのことで、これもノムさんに近い印象を受けた。

こういう解説をしてしまうと「野球の本じゃないか!」と言われてしまうので、ビジネス書っぽい内容も少し紹介しておく。





里崎流の契約更改が書いてあったのだが、これがビジネスの基本なのだが、なかなか実行するのが難しいことであった。

というのが、まず相手の言い分を全部聞いて、そこから一つ一つひっくり返していくとのこと。

これをやられると、相手はそれをさらにひっくり返していかないといけないので、かなり厳しい状況に追い込まれてしまう。


そしてこの本を読んで一番感じたのが、私と考え方の共通点が多かったということである。

「心技体に関して」や「嫌いな人を作らない秘訣」「遠回りは成功への近道」といった項目は、私も日頃から思っていることだったので妙に親近感を持ってしまった。

具体的にどのような事かは、この本を手に取って確かめてほしい。


余談だが、千葉ロッテマリーンズの本拠地である千葉マリンスタジアム(ツケ払いスタジアム?)には、里崎が現役時代に提案した様々なアイディアが形になっており、ファンや球団に大きく貢献している点は素晴らしい。

Pagetop


Recommend






Calendar

<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Search
このブログ内の記事を検索

Archives