2009.10.27 Tuesday

【優柔決断のすすめ】古田敦也

野球の本と言えば、野村監督の本が一番良く売れていて多数出版されているようである。
ではそのノムさんの一番弟子と言っても過言ではない古田は一体どのようなことを考えて野球をやっているのか?

そのあたりが知りたくてこの本を購入。



まだ読み始めたばかりなのだが、難解なことを容易にわかりやすく伝えようとしている部分は好感が持てる。

しかし捕手と言えば、我らが阪神が城島を獲得。
嬉しい気持ちももちろんあり、タテジマのユニフォームを着た城島を見たいのは山々なのだが、クリンナップが【金本】【新井】【城島】となってしまいそうなのが怖い。
「讀賣と変わらないじゃないかよ」とよく言われる。

Pagetop


Recommend








Calendar

<< October 2009 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Search
このブログ内の記事を検索

Archives