2007.07.31 Tuesday

「反則」柔道着!?

本日の日経新聞のスポーツ欄にこのような記事が載っていた。
海外の選手が、襟を分厚くしたり、袖を短くしたりといった違反柔道着を着用してくるので、9月に世界選手権を控える柔道の日本代表チームは困惑しているとのことである。

こ〜の〜や〜ろぉぉぉ!!

神聖な柔道の試合で姑息なことをやりやがる。
そんなことをされると、相手の柔道着がつかめず、思わず「タ、タイム!」と手でTの字を作って訴えたり、「すっごい滑るよ!」って叫びたくなる。

ん?これじゃまるで去年の大晦日のK-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!の桜庭和志VS秋山成勲ではないかよ!

そういえば、あれだけ世間を騒がせたヌルヌル秋山は、もうHERO'Sに復帰しようと目論んでいるようだな。

時期尚早なんだよ!!

HERO'Sに復帰する前に、柔道日本代表に反則柔道着対策を教えてきたらどうだ?
あっ、キミは反則柔道着と闘う側ではなく、反則柔道着を着用する側だったな。

まあいい、じゃあ反則柔道着を着て日本の選手と乱取りでもすればいいじゃないか。

そういうことだよ、バットラック!

Pagetop


Recommend








Calendar

<< July 2007 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

Search
このブログ内の記事を検索

Archives