2007.01.05 Friday

1/4 新日本プロレスin東京ドーム




※棚橋弘至vs太陽ケア
評価:★
特別なアングルがある訳ではなく唐突に組まれた感が否めないカード。
さらに言えば全日の三冠ヘビー級のタイトルが動かなかった以上、新日のIWGPヘビー級のタイトルを動かすわけにはいかないなという事で、やる前から結果も見えてしまうカード。
客の大半もそう思ったらしく、トイレも売店も非常に混んでました(笑)

※蝶野&武藤VS天山&小島
評価:★★★★
このタッグマッチが2つのヘビー級タイトルマッチを差し置いてメインというのはどうかなと思う。
新日&全日の歴史的タッグなどではなく全員新日、というかnWoJAPAN(笑)

〜役 割 分 担〜
武藤:「低空ドロップキック⇒シャイニング・ウィザード」「ドラゴンスクリュー⇒足4の字」の繰り返し(笑)
蝶野:天山、小島の攻撃を受ける代わりに最後に美味しいところをとっていく。
小島:「いっちゃうぞ、バカヤロー」
天山:とりあえず相手を挑発する時に最後にタコをつけてみる。(例)「うるせぇタコ」

序盤は劣勢の蝶野&武藤組、何度も3カウント取られそうになる。相変わらず蝶野の「死んだフリ」は上手い。
それを武藤の袈裟切りチョップからのDDTで形勢逆転!蝶野も袈裟切りチョップからのDDT!
そしてリング中央の天山に武藤のシャイニング・ウィザードと蝶野のシャイニング・ケンカキック!
そのままS.T.F.でギブアップ勝ち!
試合内容的にはどうかと思うのだが、まあ懐かしさもあり甘めにつけて★4つ。

このような結果だったのだが、意味不明なのが最後の最後で爆勝宣言が流れて橋本コールが起きる。

橋本関係ないだろ!!

何故に橋本?命日でもないし特別な記念日でもないと思うのだが…
蝶野と武藤が久々のタッグだからとでも言いたいのだろうか?
私にはまったくもって理解しがたい。入場前の蝶野&武藤組のVTRで「橋本の名前は敢えて出さない」と言っていたのは何だったんだろうか?

蝶野と武藤の意向でなく会社の勝手な演出だと信じたい。
会社の企画した演出だとしたら新日本プロレスって…

2007.01.05 Friday

1/4 新日本プロレスin東京ドーム





毎年恒例の新日本プロレス東京ドーム大会。
去年で打ち止めかと言われていたのだが、全日本プロレスの全面協力により無事開催。

しかし、いつも思うのだがM&A等で様々な業界の再編が相次いでいる今の時代。
無駄に分裂をくり返すのではなく、合併して業界の経営強化をしなくてはならないのはプロレス界だと思うのだが…

今回はそんな話はおいておいて、東京ドーム大会の話を進める。

今までと大きく違ったのが2階は完全閉鎖、グラウンドと1階のみに席を設ける。
そのような状況を差し引いても客の入りは良かったと思う。
試合は全試合をアップするのも大変なので休憩後よりスタート♪

※川田利明vs中邑真輔
評価:★★★★
全体的にゴツゴツした試合展開。新日本というより全日本orノアという感じ。
身体が大きくなった分、中邑もそのような展開に少しついていけるようになっていた。
川田は「ハッスルK」ではなく「デンジャラスK」に近かった(まだ少し甘かったかな)。
これが中邑だというアピールが若干足りなかったように思うので★は4つ。
試合は川田がキックからピンフォール勝ち。

※鈴木みのるVS永田さん
評価:★★★★★
自分の中ではこれがメイン。
いやほとんどの人がこれが目的だったのではないかと思う。
それが証拠にこの試合が始まると席を立って動く人が少なかった。
また両選手に対する声援もとても多い。
両選手が事前に舌戦を繰り広げる等で話題を振りまいたことが大きかった。
さすがに2人ともプロである。
試合はタイトルマッチにもかかわらず両雄が流血の展開。
張り手や頭突きといった展開が中心だが、鈴木みのるがスリーパーにきたところを永田さんが腕折り。
さらに必殺の白目むいての腕固め(笑)
やはり永田さんの顔芸は素晴らしい。
途中で永田さんが3カウントとれそうな場面があったのだが自ら途中でカバーをやめてしまう。
さすが「天下を取り損ねた男」永田さん(笑)
最後は結局鈴木みのるがスリーパーで勝利!

Pagetop


Recommend








Calendar

<< January 2007 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Search
このブログ内の記事を検索

Archives