2006.09.10 Sunday

PRIDE無差別級GP優勝は〜そしてHAPPY BIRTHDAY〜

☆PRIDE無差別級グランプリ決勝戦
ミルコ・クロコップVSジョシュ・バーネット

この両者の激突となった決勝戦!
序盤は打撃主体の互角の攻防、2人とも非常にいい表情をしている!
しかし徐々にミルコがジョシュに対して圧力をかけだす。
ノゲイラと15分フルタイム戦った後に、ミルコと打撃で勝負しようとするのはやはり無理があったか…
それにミルコのテイクダウンを奪おうとする相手をさばく技術には目を見張るものがある。
結局パウントでミルコが勝利!!

ミルコがPRIDE無差別級GP優勝者となる。
今までタイトルに恵まれなかったミルコの初めての戴冠。
またこの日はミルコ・クロコップの誕生日であった。

おめでとう、ミルコ・クロコップ!!

2006.09.10 Sunday

PRIDE無差別級GP優勝は…

PRIDE無差別級GP

男の中の男たち出てこいや!!
今日はPRIDE無差別級GPの決勝戦!!
こんな大一番、生で見にいかない訳がない。
地上波で放送ないし…(笑)

そんなこんなで今回も某選手ルートで最良の席を手に入れる。
こんな席で見たら正直プレイガイドで買おうとは思わない。

☆ミルコ・クロコップVSヴァンダレイ・シウバ
人気選手同士の対決ということで入場シーンから盛り上がり最高潮♪
序盤は打撃を主体とした立ち上がり、この2人なら当然だが。
そしてミルコのパンチがシウバの右目にクリーンヒット!!
倒れるシウバ、しかし打たれ強さに定評のあるシウバは決定打を打たせない。
だが受けたパンチのせいで右目が腫れ上がる、ドクターチェックは入るが何とか試合再開。
しかし右目が晴れていては左のハイキックが見切れない…
ミルコの伝家の宝刀が炸裂!!

☆ジョシュ・バーネットVSアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
終始グラウンドのハイレベルな攻防。
こういう切り返しがあるのかと度肝を抜かれ行き詰る試合展開。
スペシャリスト同士の一戦でグラウンドでの一本はやはりとれない。
判定で2−1でジョシュ勝利という結果だったが引き分けでもいい試合だった
(PRIDEでは基本的に特別ルールでない限り引き分けはない)

Pagetop


Recommend








Calendar

<< September 2006 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Search
このブログ内の記事を検索

Archives